白髪は何が原因?

白髪を見つけると、大抵の方は『黒髪が白髪になった』と思いがちですが、実はこの認識は誤りです。

と言うのも、人間の髪はもともと白髪であり、色がついて見えるのは、体外に生える時に黒やブロンドに着色されているからです。

この髪の着色を行っているのがメラニン色素です。メラニン色素は体内で生産された白髪を黒色や金色に染め上げ、黒髪・ブロンドに変身させているのです。

よって、白髪とは、髪が本来の色に着色されず、そのまま生えてきてしまった状態を指しています。

メラノサイトの衰えが白髪を増やす

では、なぜ白髪は着色されず、そのまま生えてきてしまうのでしょうか。

髪を着色するメラニン色素は、メラノサイトと呼ばれる色素細胞によって生成されています。

しかし、加齢や生活習慣の乱れによってメラノサイトの働きが弱まると、メラニン色素がうまく生成されなくなり、白髪の着色が行われなくなります。

メラノサイトの働きは年を取るごとにだんだん衰えていくため、年々白髪が増量し、逆に黒髪の割合が少なくなってしまうのです。

白髪を引き起こす要因

白髪の要因となるメラノサイトの衰退は、加齢の他にも、さまざまな理由によって起こります。

特に現代人は生活習慣の乱れや過度なストレスが指摘されており、本来白髪ができる年代ではないのに、白髪が増えて悩んでいる方が多くなっています。

加齢や遺伝など、抗えない要因もいくつかありますが、その他の原因については改善の余地もあるため、白髪のできる要因を把握し、生活習慣を見直してみましょう。

遺伝

白髪に悩む方の中には、遺伝的にメラノサイトの働きが弱い方もいます。

特に若白髪の方は遺伝的要素が強いと言われています。

加齢

メラニン色素を生み出すメラノサイトの働きは加齢とともに衰えていきます。

そのため、年を取ると徐々に白髪の発生量が多くなります。

生活習慣

近年増えている白髪の原因のひとつです。

食生活が乱れて栄養不足になったり、喫煙で頭皮の血行が悪くなったりすると、メラノサイトの働きが弱まり、白髪の原因になります。

他にも、過度の飲酒や運動不足も白髪の発生要因のひとつとなっています。

ストレス

強いストレスを受け続けると、自律神経が乱れ、毛細血管の収縮が起こります。

これにより、毛根が血中から栄養分や酸素を補給できなくなり、毛母細胞の働きが衰え、着色力が弱まってしまいます。

病気

病気にかかると、身体機能が正常に稼働しなくなり、さまざまな器官に影響を及ぼします。

その中のひとつがメラノサイトや毛母細胞の働きにつながっており、病気による衰退が白髪を増やすと考えられています。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100