白髪染めを使うと髪が傷む?

自宅で簡単に気になる白髪を染められる白髪染めは、今や白髪に悩む方の必須アイテムとなっています。

しかし、白髪染めの中には、長期にわたって使い続けていると頭皮や髪にダメージが蓄積するものもあり、髪のパサつきや頭皮のかぶれなどのトラブルにつながるおそれがあります。

実際、「白髪染めを使い続けたら髪も頭皮も傷んだ」という例は後を絶たず、 白髪染めの大きな不満点のひとつとなっています。

なぜ白髪染めは髪を傷めるのか?

では、なぜ白髪染めを使うと髪を傷めてしまうのでしょうか?

一般的な白髪染めは、酸化染料およびアルカリ剤が入った1剤と、過酸化水素水の入った2剤を混ぜ合わせて薬剤を作ります。

このうち、1剤に含まれるアルカリ剤には髪のキューティクルを開く作用があり、開いたキューティクルから染料を染みこませ、髪を着色する仕組みになっています。

髪の内部に染料を直接染みこませるので、着色効果は強力ですが、キューティクルはもともと髪の表面を保護する役割を担っているため、開きっぱなしになっていると髪が傷みやすくなってしまいます。

特に、キューティクルが開いた状態で髪をこすり合わせると、キューティクルがはがれ、ツヤのないパサついたダメージヘアが作られてしまうのです。

有刺激性成分にも注意

白髪染めによる髪の傷みは、白髪染めによるメカニズムだけが原因ではありません。

白髪染めの酸化染料には『パラフェニレンジアミン』というジアミン系の化学成分が主成分として含まれています。

このパラフェニレンジアミンは有刺激性成分として知られており、長期間使用し続けると髪や頭皮を傷つける要因となります。

また、アレルギー体質の方がジアミン系配合の白髪染めを使用すると強いアレルギー症状が起こり、頭皮のかぶれや湿疹のほか、ひどい場合は呼吸困難に陥ることもあります。

白髪染めによる髪のダメージを防ぐには?

白髪染めを使っている以上、頭皮や髪へのダメージを完全に防ぐことはできません。

あまりに髪が傷んできた場合は、白髪染めの使用を一旦中止し、髪や頭皮の回復を待つのが最良の方法です。

しかし、実際には増える白髪をそのまま放置しておくことは難しく、かえってストレスによる髪へのダメージが懸念されます。

そこで最近注目されているのが、低刺激性の天然成分配合白髪染めです。天然白髪染めにはジアミン系の成分が使用されておらず、かわりにクチナシやウコンなどの植物由来の天然色素が配合されています。

化学成分によるダメージの心配がないので、髪が傷みにくく、アレルギー症状も起こりにくいところが大きなメリットとなっています。

天然白髪染めでは、レフィーネやピュアハーバル・ヘアカラー100、カラードボーテなどが有名です。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100