妊娠中に白髪染めを使っても大丈夫?

白髪染めを愛用していた女性が妊娠した場合、そのまま継続して白髪染めを使えるかどうかは切実な問題です。

妊娠期間は約10ヶ月と決して短くないため、その間、白髪染めが使えなくなってしまうと、ヘアスタイルが気になって外出できないなど、ストレスの原因にもなってしまいます。

とはいえ、お腹に大事な赤ちゃんがいるのですから、体に有害なものは使用したくないのも事実です。

妊娠中の女性は、白髪染めを使用することができるのでしょうか?

妊娠中の白髪染めによる影響

妊娠中の白髪染めについては、使用の可否について確固たる医学的根拠がないというのが実状です。

そのため、妊娠中の白髪染めについては賛否両論あり、未だに結論には至っていません。

しかし、一般論としては、母胎や胎児に以下のような影響を及ぼす可能性がないと言い切れないことから、使用は控えるべきという意見が多くなっています。

母胎への影響

妊娠中はホルモンバランスの変化などにより、母胎は非常にデリケートな状態に陥っています。

実際、妊娠前は肌が強かった方でも、妊娠したら肌荒れやニキビができやすくなったなど、体質の変化を感じた方が多く見受けられます。

一般的な白髪染めは刺激を含む成分が配合されているものも多いため、デリケートな妊娠中に使用すると、頭皮にかゆみやかぶれが起こる可能性があります。

胎児への影響

白髪染めの胎児への影響については、これまで重大なリスクは報告されていません。

しかし、白髪染めが頭皮につくと、肌から体内に成分が浸透し、毛細血管内の血液に混じってしまうおそれがあります。

胎児は血液から栄養分を補給しているため、血中に白髪染めの成分が含まれていると、胎児に何らかの影響を与える可能性もあります。

以上、2つの観点から、医学的根拠こそないものの、妊娠中は極力白髪染めを使わない方がよいと言えるでしょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100