白髪は抜くと増えるって本当?

『白髪を抜くと増える』という説を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

黒髪の中に白髪がポツポツと目立っていると、思わず抜きたくなってしまうものですが、『白髪を抜くと増える』という説が真実なら、白髪を抜いて目立たなくさせるどころか、逆に悪化させてしまう原因になってしまいます。

本当に白髪は抜くと増えるのでしょうか? ここでは『白髪を抜くと増える』 という説について検証していきます。

『白髪を抜くと増える』に医学的根拠はなし

白髪とは、色素細胞であるメラノサイトが衰え、髪を着色させるメラニン色素をうまく生成できずに起こる老化現象の一種です。

メラノサイトの衰えは加齢や遺伝の他、睡眠不足やストレス、食生活の乱れなど、さまざまな原因が複雑に絡み合っていますが、その中に『白髪を抜く』という要素は盛り込まれていません。

つまり、『白髪を抜くと増える』という説に医学的根拠はないのです。

ではなぜこのような説が広まっているのか? それは、抜いてなくなったはずの白髪が再び新しく生えてきたとき、白髪が増えたように見えるからではないかという説が有力となっています。

それでも、白髪を抜くのはNG

では、発見した白髪は手当たり次第抜いてしまっても良いかと言うと、実はそうでもありません。

白髪を抜くと、一時的に白髪がなくなったように見えますが、根本的な解決になっていないので、白髪は再び生えてきます。

それだけならまだしも、生えている白髪を無理やり抜くと、毛根を傷つけてしまい、抜け毛や切れ毛、細毛などの頭髪トラブルの原因になってしまうのです。

白髪を抜いても増えませんが、今度は新たに薄毛という悩みを抱えてしまう可能性もあるので、やはり白髪を抜くのは避けた方がよいでしょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100