白髪の予防法はある?

白髪は加齢にともなう老化現象のひとつなので、白髪の発生そのものを完全に予防することは不可能です。

しかし、生活習慣の改善やストレス解消など、しかるべき予防法を取れば、白髪の増加を食い止めることができます。

白髪をこれ以上増やしたくないという方は、生活習慣を見直し、白髪の増加を予防しましょう。

白髪を予防する方法

白髪の原因は、髪を着色するメラニン色素を生み出すメラノサイトの衰えにあります。

メラノサイトが弱ってしまうと、メラニン色素がうまく髪に着色されなくなり、白髪のまま生えてしまうのです。

メラノサイトの衰えの原因は加齢や遺伝などの他、生活習慣やストレスなどが発端になっています。

加齢や遺伝についての予防法は困難ですが、その他の原因は改善が可能です。白髪の原因に思い当たる節がある方は、これを機会に生活習慣を見直しましょう。

食生活の改善

髪は血中から酸素や栄養分を補給して発毛・育毛を行っています。

そのため、栄養不足に陥ると、抜け毛や切れ毛、枝毛などの頭髪トラブルのほか、白髪発生の原因にもなってしまいます。

特に現代人は食生活の乱れが指摘されており、栄養の偏りや不足による白髪の増加が目立っています。

食生活の改善には、まず3食きっちり食べること。そして、それぞれ栄養バランスを考えて献立を立てることが大切です。

髪の栄養分としては、緑黄色野菜や牡蠣やしじみなどの貝類、わかめや昆布などの海藻類が有効なので、日常の食事に積極的に取り入れてみましょう。

睡眠をたっぷりとる

髪は午後10時~翌午前2時までの睡眠中に最も成長すると言われています。

この4時間は、特に髪を成長させるホルモンの分泌が活発になるため、良質な睡眠をとっていると寝ている間に健康な髪が作られていきます。

逆に、上記時間帯に起きていたり、極端な睡眠不足に陥ると、成長ホルモンが分泌されず、抜けやすい毛や白髪などが生えてきてしまいます。

白髪予防には、上記4時間を含めた良質な睡眠をとるよう心がけましょう。

適度に運動する

髪は毛細血管を流れる血液から酸素や栄養分を補給して作られています。

そのため、体内の血行が悪くなると、毛根が栄養分を補給できなくなり、メラノサイトの働きも低下してしまいます。

血行不良を改善するためには、体を適度に動かし、全身の血流を促進させる必要があります。

毎日少しずつでも、定期的な運動を行うことが白髪予防につながります。

ストレスの解消

強いストレスを日常的に受け続けると、血管が収縮し、体の血行が悪くなります。

また、ストレスによって自律神経が乱れると、睡眠不足やイライラのもとになり、悪循環に陥ってしまうのです。

ストレスの蓄積を自覚している場合は、定期的にストレスを解消し、リラックスすることが大切です。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100