アレルギー体質の方は要注意!

白髪染めを長期間使用していると、多かれ少なかれ頭皮や髪にトラブルが起こり始めます。

髪のパサつき、きしみ、頭皮のかゆみ、かぶれ、湿疹など、トラブルの種類は多種多様にありますが、長期間使用して起こったトラブルの場合、その大半はダメージの蓄積が原因です。

真に気をつけなければならないのは、アレルギー体質の方です。アレルギー体質の方が市販の白髪染めを使用すると、場合によっては重篤な副作用を起こすおそれがありますので、自覚のある方は細心の注意が必要となります。

自覚のない方も、万が一という場合がありますので、白髪染めを使用する場合は、付属の取扱い説明書に従い、必ずパッチテストを行うよう心がけましょう。

白髪染めによるアレルギー症状

市販の白髪染めの中には『パラフェニレンジアミン』などのジアミン系成分が含まれているものがあります。

パラフェニレンジアミンとは、酸化染毛剤の一種で、毛髪の中に浸透し、酸化して発色する性質を持っています。

市販の白髪染めの代表的成分でもありますが、アレルギー体質の方が使用すると、頭皮のかぶれや湿疹が起きるほか、急性ショック症状である『アナフィラキシー』を起こす危険性があります。

アナフィラキシーの主な症状は、激しい喉の痛み、咳、食欲不振などの他、舌や喉のむくみによる呼吸困難を起こす可能性もあります。

場合によっては命に関わるおそれもありますので、パッチテストでアレルギー反応があらわれた場合は、白髪染めの使用は控えるようにしましょう。

アレルギー体質の方におすすめの白髪染め

ジアミン系配合の白髪染めでアレルギーを起こしてしまう場合は、ジアミン系無添加の天然白髪染めを使用することをおすすめします。

最近では、白髪染めが与える頭皮や髪への悪影響が懸念され、酸化染料を使用しない天然成分配合の白髪染めが増えてきました。

天然白髪染めの場合、酸化染料のかわりに天然色素であるクチナシやヘナが使用されており、肌にやさしく、敏感肌の方でも安心して使える仕様になっています。

天然色素成分の中には、傷んだ頭皮や髪を補修するトリートメント効果を持つものも多いため、アレルギー体質の方のみならず、酸化染料で頭皮や髪を傷めた方にもおすすめの白髪染めとなっています。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100