白髪染めは本当に安全?

白髪染めは、誰でも簡単に白髪を染められるアイテムとして、ドラッグストアやスーパーなどで多くの種類が販売されています。

医薬品ではないので、基本的にどなたでも使用可能なのですが、だからと言って誰もがトラブルなしに白髪を染められるわけではありません。

特に、肌が弱い方やアレルギー体質の方は、市販の白髪染めを使うことで思わぬトラブルに見舞われるケースもありますので、注意が必要です。

ここでは、白髪染めの安全性と、トラブルの可能性について説明します。

髪・頭皮のトラブル

白髪染めを使用する際、最も起こりやすいのが髪や頭皮のトラブルです。

白髪染めの有効成分である酸化染料には刺激を持つものが多く、使用した後、髪がパサついたり、きしんだりすることが多々あります。

また、敏感肌など、肌が弱い方が使用すると、頭皮がかぶれたり、湿疹があらわれたりする可能性もあります。

はじめはトラブルがなくても、繰り返し使用しているとダメージが蓄積するため、長期間使用している方は頭皮や髪に異常があらわれていないか、こまめにチェックするようにしましょう。

トラブル防止のためにパッチテストの徹底を

では、危険なトラブルを回避するためには、どのような対策をとればよいのでしょうか。

最も効果的な予防法は、パッチテストを行うことです。パッチテストとは、腕の内側などに染毛剤を少量塗り、一定時間放置することでアレルギー反応が起こるかどうか確認するテストのことです。

パッチテストを始めて48時間以内に塗布した部分が赤くなったり、腫れたりした場合は、その白髪染めを使用するとアレルギー症状を起こす可能性が高いので、使用を控えた方がよいでしょう。

ちなみに、パッチテストの結果は体質のみならず、その日の体調によっても若干変化します。一度パッチテストをクリアした白髪染めでも、再び使う時は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100