部分染めと全体染めを使い分けよう

白髪染めは一度染めるとしばらく効果が持続しますが、新たに生えてきた部分については、あらためて染める必要があります。

しかし、根元のリタッチのためだけに毎回全体染めを行っていると、頭皮や髪への負担が大きくなってしまいます。

そのため、一度全体染めを行ったら、その後2~3回程度は部分染めでリタッチするのがベストです。

白髪染めには、リタッチ用の部分染めが販売されているので、全体染めと上手に使い分けて頭皮や髪への負担を減らしましょう。

それぞれに適した白髪染めのタイプ

白髪染めには、全体染めに適したタイプと部分染めに適したタイプの2種類がそろっています。

それぞれ用途が異なるので、全体染めと部分染めの両方を用途に応じて使い分けましょう。

全体染めに適した白髪染め

全体染めは染める部分が広いので、髪全体になじみやすい乳液や液状ジェルタイプの白髪染めがおすすめです。

染め方は毛先から根元に向かって徐々に染めるようにし、全体にムラなく塗布していきます。手では染めにくいので、ノズルやクシを使用して染めると良いでしょう。

最近では、シャンプーのように泡立てて使う泡タイプも普及しており、ムラなく使用できる白髪染めとして人気を集めています。

全体染めは薬剤の伸びが良い一方、飛び散ったり液だれしたりしやすいので、部分染めには不向きです。

部分染めに適した白髪染め

部分染めは新しく生えてきた生え際部分に塗布しやすいよう、液だれしにくいクリームタイプが適しています。

特に額の生え際は液だれすると顔にかかりやすいので、乳液や液状タイプは不向きです。

クリームタイプでは、たいていの場合、専用のコームがついているのでうまく活用するようにしましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100