白髪染めの色・カラーの選び方

以前までの白髪染めは、ただ白髪をカバーするものという意味合いが強く、色も黒やブラウン系が主流でした。

しかし、現在は白髪染めでもおしゃれを楽しめるよう、定番色に加え、華やかな色・カラーも多くなってきています。

ただし、白髪の量や髪質によっては、パッケージに記載されている色と仕上がりが異なってしまう場合もあるので、事前に自分の髪質や白髪の量をチェックしておく必要と良いでしょう。

白髪の量と色の変化

白髪と黒髪では染まり具合が異なるので、白髪の量によって全体の仕上がりは大きく変化します。

白髪はもとが白いので、どんな色を入れても若干明るめに仕上がります。一方の黒髪は、自毛の色が濃いので、たとえ明るめの色を入れても仕上がりはワントーン暗めになります。

そのため、白髪の量が多い方は、明るくしたい時は希望通りのカラーを、暗くしたい時は希望色よりワントーン暗めの色を選ぶと理想の仕上がりに近くなります。

逆に、白髪がまばらの場合、黒髪の色を考慮して、希望の色よりワントーン明るめの色を選ぶとよいでしょう。

髪質と色の変化

白髪染めは髪質によって着色度が異なり、細く柔らかい軟毛の方は染まりやすく、太く硬い硬毛の方は染まりにくい傾向にあります。

軟毛の方の場合、全体的に明るめに染まりやすいので、明るめに染めたい場合はパッケージ記載通りの色を、暗めに染めたい場合は希望よりワントーン暗めの色を選ぶ必要があります。

硬毛の方の場合、軟毛とは全く逆に、明るめに染めたい場合はワントーン明るめの色を、暗めに染めたいときは希望通りの色を選ぶと大きな失敗はありません。

また、頭髪に塗布した後の放置時間を微調整すると、ある程度明るさをコントロールすることができます。

しっかり発色させたい場合、心持ち長めに放置すると効果的ですが、あまり長く放置すると髪や頭皮を傷めたり、明るくなりすぎるおそれがありますので、規定時間を大幅に超える放置は控えるようにしましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100