生え際の白髪染めにはリタッチがおすすめ

髪はどんどん新しく生えてくるので、白髪染めをしてもやがて生え際が目立ってきてしまいます。

生え際は2ヶ月後あたりから目立ち始めますが、そのたびに全体染めを使用していると、すでに染まった部分への負担が大きく、ダメージヘアや頭皮トラブルの原因となります。

そのため、生え際の白髪には、その部分だけを重点的に染めるリタッチがおすすめです。

リタッチは全体染めより手軽に行うことができ、かつ頭皮や他の部分への負担を減らすことができるところが大きなメリットとなっています。

生え際のリタッチ法

まず、新しく伸びてきた生え際部分を中心に薬剤を塗り、規定時間だけ放置します。

その後、根元の薬剤を他の部分に薄くのばしていきます。薬剤が足りなかった場合は薄く塗り足し、全体に薬剤が行き渡ったらシャンプーで薬剤を洗い流しましょう。

リタッチでは、このように新しく伸びてきた生え際と、すでに染まっていた部分の放置時間に差をつけることによって、全体の仕上がりを均一にすることができます。

すでに染まった部分にも薬剤を塗布しますが、放置時間が通常より短いため、全体染めよりも負担を大きく軽減することができます。

応急処置には一時染めの活用も

リタッチは全体染めより手間がかかりませんが、急にヘアスタイルを整えなければならなくなった場合はより簡単に染められる一時染めが便利です。

一時染めは、髪の表面に色をつけるだけの応急処置的なもので、スプレーやスティックタイプなど、さっと着色できるタイプが主流となっています。

一時的に髪の表面に色をつけるだけなので、シャンプーをすればすぐに落ちてしまいますが、リタッチする暇もない急な外出の時には大変便利です。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100