まずは必要なものを揃えよう

白髪染めを行うには、白髪染め本品の他に、自分でいろいろ揃えるものがあります。

薬剤の塗布を始めてしまうと、手袋やケープに薬剤がついてしまい、なかなか身動きが取りづらくなってしまうので、必要なものはあらかじめすべて手に届くところに用意しておきましょう。

手袋 白髪染めの薬剤が手についてしまうと、少々洗っただけでは撮れにくくなります。たいていの白髪染めの場合、薄いビニール製の手袋が添付されていますので、それを使用してもOKです。
鏡を見ずに染めると、塗り忘れや色ムラの原因となります。目の前に置いておけるよう、スタンドタイプの鏡を用意しましょう。
新聞紙 染毛していると、薬剤がまわりに飛び散り、床や家具を汚す可能性があります。自分を中心とし、床やテーブルにまんべんなく新聞紙を敷き詰めてカバーしておきましょう。
テッシュペーパー 万が一、薬剤が手や顔などについてしまった場合、すぐに拭き取らないと後で落としにくくなります。ティッシュペーパーを手元に用意し、薬剤がついたらすぐに拭き取れるようにしましょう。
ケープ 首もとから肩まですっぽりと覆うタイプのケープを使用すると、首や服を汚さずに済みます。
ヘアクリップ 髪が多い方の場合、ヘアクリップを使用して髪をいくつかにブロッキングすると髪の内側まで染めやすくなります。
コールドクリーム 生え際や耳など、薬剤がつきやすいところにあらかじめコールドクリームを塗っておくと、万が一薬剤がついても落としやすくなります。
輪ゴムまたは
アームバンド
手袋の根元を輪ゴムやアームバンドで止めておくと、使用中に手袋がはずれるトラブルを回避することができます。
前開きの服 白髪染めを塗布し終えた後、そのままシャンプーで洗い流すことになります。かぶるタイプの服を着ていると、衣服を脱ぐ際に服に薬剤がついてしまうので、頭を通さずに脱げる前開きの服を着用します。

他にも、薬剤を伸ばす時に使うブラシやコーム、耳をカバーするイヤーカバー、染毛の効き目を強くするラップなど、個人的に必要だと思うアイテムを揃えておきましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100