白髪染め後はシャンプーをしっかりケアしよう

白髪染めを塗布した後は、シャンプーで薬剤を洗い流す必要があります。

白髪染め後のシャンプーは非常に重要で、きちんと薬剤を洗い流さないと、髪や頭皮のダメージにつながるほか、色落ちしやすくなり、白髪染めの持続性が落ちる傾向にあります。

また、白髪染めを使った後は髪が傷みやすくなっているので、シャンプーやリンス、トリートメントなどは、ヘアカラー専用のものを使用するようにしましょう。

白髪染め後のシャンプーの手順

一般的な白髪染めは、アルカリ剤によって髪のキューティクルを開き、酸化染料を髪の内部に浸透させて着色します。

キューティクルは髪を外部刺激から保護する役割を担っているので、開きっぱなしになっていると髪が傷んだり、せっかく浸透した染料が流れ出てしまうおそれがあります。

そのため、白髪染め後のシャンプーは、髪のキューティクルをいたわりながら洗い、さらに開いたキューティクルを再び閉じることが重要となります。

ここでは、白髪染め後のシャンプーの手順を紹介します。

1.浴室の全体をぬらしておく

白髪染めを洗い流すと、薬剤が浴室の壁や床、浴槽に飛び散るおそれがあります。

特に乾いた部分に付着するとあとで落としにくいので、白髪染めを洗い流す前に、まずは一通り浴室をぬらし、色移りを防ぐようにしましょう。

2.薬剤をしっかり洗い流す

まずはぬるま湯で頭部全体をしっかりすすぎ、薬剤を洗い流します。

はじめのすすぎが不十分だと、残留した薬剤の影響でキューティクルが完全に閉じず、色落ちやダメージヘアの原因となります。

また、薬剤が残っているとシャンプーの泡立ちも悪くなり、洗いにくくなります。

目安としては、すすぎ湯から薬剤の色がなくなり、透明になるまで洗い流しましょう。

2.ヘアカラー用シャンプーで洗う

白髪染め後のシャンプーは、ヘアカラー専用のものを使用します。

ヘアカラー専用のシャンプーには、染料の流出を防ぐ工夫や、アルカリ剤を洗い流し、もとの弱酸性の髪に戻す成分が含有されています。

通常のシャンプーにはそのような配慮がないので、白髪染め後はヘアカラー専用のシャンプーを使用し、色落ちやダメージを防ぎましょう。

シャンプーは原則として2回行い、薬剤が残らないようしっかり洗髪します。

白髪染め後はキューティクルが毛羽立ち、摩擦によって傷みやすい状態になっているので、洗う時は髪同士をこすったりしないよう気をつけましょう。

3.リンス・トリートメントで髪を弱酸性に戻す

髪はもともと弱酸性ですが、白髪染め後は薬剤の影響でアルカリ性質となっています。

そのため、ヘアカラー専用のリンス・トリートメントで髪をもとの弱酸性に戻し、キューティクルを引き締める必要があります。

開いたキューティクルが戻ると、髪のダメージを抑えられるほか、染料が流出せず、色も長持ちするようになります。

髪が弱酸性に戻るには数日間かかるので、白髪染めをしたその日だけでなく、しばらくはヘアカラー用のシャンプー・リンス・トリートメントを使用するようにしましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100