パッチテストは必ず実行しよう

白髪染めを使用すると、アレルギー反応によって頭皮のかぶれや湿疹を起こす場合があります。

特にアレルギー症状が強い方の場合、激しい喉の痛みや咳、呼吸困難など、危険な症状があらわれる可能性もありますので、細心の注意が必要です。

このようなアレルギー症状を回避するためには、白髪染めを行うたびに、毎回パッチテストを行うことが大切です。

パッチテストとは、頭皮以外の部位(主に腕の内側など)に薬剤を塗布し、48時間様子を見て、異常があらわれるかどうかチェックするテストです。

異常があらわれた場合、その白髪染めを使用するとアレルギーを起こす確率が高いので、使用を控えるようにしましょう。

パッチテストの手順

1.薬剤を適量混ぜ合わせる

パッチテストを行うには、使用する白髪染めの薬剤(1剤・2剤)の他に、薬剤を塗布するための綿棒、余分な薬剤を拭き取る脱脂綿、そして薬剤を入れる容器が必要です。

必要なものを揃えたら、1剤と2剤を付属の取扱い説明書に記載された割合で容器に取り出し、綿棒で混ぜ合わせます。

2.肌に塗布する

テスト液ができたら、少量を綿棒に取り、腕の内側に塗布します。塗布する範囲はコイン大程度が目安です。

ちなみに、テスト液を腕の内側につけるのは、薬剤の影響を受けにくく、後に洗い流しやすい部位であるためです。

3.自然乾燥させる

薬剤を塗ったら、そのまましばらく自然乾燥させます。

およそ数分程度で乾きますが、もし30分以上経ってもしっかり乾かない場合は、薬剤のつけすぎが原因です。

30分経ったら、脱脂綿で軽く抑えるようにして余分な薬剤を拭き取りましょう。

4.規定時間放置する

自然乾燥させたら、あとは規定時間分、そのまま放置するだけです。

パッチテストの放置時間は塗布後48時間です。人によってアレルギー反応があらわれる時間はまちまちなので、48時間を過ぎるまでは薬剤を落とさないよう注意しましょう。

テスト部位は、テスト後30分後と48時間後の2回行いますが、それ以外にもたまにチェックするよう心がけるとベストです。

48時間のテスト内で、テスト部位に赤みや発疹、かゆみ、かぶれ、水疱などの異常があらわれた場合は、48時間を待たずにすぐ洗い流すようにします。

もちろん、その白髪染めの使用は控えるようにしましょう。

パッチテストの注意点

もしパッチテストをクリアしても、体調によってはアレルギー反応を起こす場合があります。

パッチテストをクリアしたからと言って安心せず、使用中に何らかの異常を感じた場合は、直ちに白髪染めを中止し、すぐに洗い流すようにしましょう。

また、たとえ同じ白髪染めを使用しても、その日の体調や体質の変化によってアレルギーが起こる場合があります。

そのため、過去にテストをクリアした白髪染めでも、パッチテストは毎回必ず行うようにしましょう。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100