白髪染めの種類について

白髪染めは、大きくわけて『ヘアカラー』『ヘアマニキュア』『一時染め』の3つの種類に分類できます。

これらは同じ白髪染めでも効果や用途が異なります。そのため、白髪染めを購入する際は、まずは自分が白髪染めに何を求めているのかを明確にする必要があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、特徴をよく吟味し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ヘアカラー

最も一般的な白髪染めのタイプです。

1剤(酸化染料・アルカリ剤)と、2剤(酸化剤)を混ぜて染料を作るものが多く、液状の他にクリームやジェルタイプのものも存在します。

ヘアカラーの場合、キューティクルを開き、髪の内部のメラニン色素を脱色させた後、酸化染料を髪に染みこませて発色させます。

髪に直接染料を入れるので、一回の染毛でもしっかり染まり、持続性も2~3ヶ月と高いのが特徴です。

ただし、キューティクルを強制的に開いたり、染料を髪の内部に染みこませたりするため、頭皮や髪に対する刺激が強く、髪を傷めたり、肌がかぶれるおそれがあります。

ヘアマニキュア

その名の通り、髪の表面に染料をコーティングすることで発色させるタイプの白髪染めです。

脱色したり、染料を内部浸透させる必要がないので、ヘアカラーより刺激が少なく、頭皮や髪をさほど傷めずに染めることができます。

また、髪をコーティングする効果もあるため、仕上がりにきれいなツヤが出るところも特徴です。

ただ、染料を内部浸透させないぶん、着色力は弱く、白髪染めとしての効果も1ヶ月ほどしか持続しません。

ヘアカラーで髪や頭皮が傷んでしまった方におすすめの白髪染めと言えるでしょう。

一時染め

ヘアカラーやヘアマニキュアのように一定期間効果が持続するものではなく、1日限定で白髪を染めるタイプです。

一時『染め』とは言いますが、染めると言うよりは髪の表面に一時的に色を塗布し、白髪をカバーする効果があります。

シャンプーをすれば一緒に落ちてしまうので、染める時間もないときの応急処置やリタッチ用となります。

ヘアマニキュアよりさらに刺激が少なく、髪や頭皮を傷めずに済みますが、持続性がないため、全体染めには向かないタイプと言えます。

白髪染めのおすすめ商品 ベスト3
1位:サスティの白髪染め
2位:レフィーネ
3位:ピュアハーバルヘアカラー100